肝臓に萬通幹

88 views


 
きさ:
そうそう、この記事にもあるけど、
   肝臓になんで萬通幹を当てたらええかっていうのは、
   肝臓で癇の虫が作られるからやねん。

 

つる:ほほ〜!アルコールの分解やらデトックスやら、
   肝臓はいろんな仕事をしてる部位で、
   まだまだ不明の働きが沢山ある内臓だと聞いたことがあります。
   精神的なストレスの残骸も処理してるんですねぇ。エライヤッチャ

 

きさ:そう。処理後に溜まるカスが、癇の虫。
   カスを出すところは、人によって違う。
   Ge3スタッフ内でもみんな違うやん。

 

つる:そうですね。
 

きさ:でも、何はともあれ、まずは生産元を抑えたほうが早いやろ?
 

つる:肝臓でできる虫・・・肝の虫・・・癇の虫・・・(苦笑)
 

きさ:よく言ったモンやな(笑)
 

つる:(苦笑)そうだ、コレ見てください。
   肝臓のところに当てられるように、
   このあいだ私も買ったんですよ(写真上)。

 


 
きさ:おっ、スパイベルト?

 

つる:・・・の、廉価版です(苦笑)
   やっぱりallureさんのスパイベルト(写真下)より
   ゴムのところがちょっとヤワなので、
   ヘタるの早そうです(^^;)あ〜ぁ。

 

きさ:(苦笑)
 

つる:でも、こういうのがあるとやっぱり便利ですよ♪
   肝臓とか腎臓の上辺りに来るようにしたり、
   背中に斜めがけにしたり、
   その時凝ったところに当ててるんですが、
   着けるとほぐれたり、スーッとします。
   エネルギー風呂に入ってる時の感じにちょっと似てる。

 

きさ:効いてるねんな(^^)
 

つる:この萬通幹、昇氣に載せずに
   ずーっと着けてるんですけど、構いませんか?

 

きさ:構わへんよ。
   ずーっと身体に着けっぱなしの萬通幹の働きは、
   マイナスを消化してる間は下がるけど、
   それでもゼロになりきることはないねん。
   それで、マイナスを消化し終わったら、また上がる。

 

つる:下がった時に昇氣に載せたら、すぐ復活するってことですね。
 

きさ:僕なんか、足にずーっと着けっぱなしやけどね。
 

つる:私は、寝る時に枕に置いてるのがひとつ、
   日中身体に着けてるのが2つあるんですが、
   枕に置いてるのは、もうずーっと置いたままです。
   身体に着けてるのは、手に持ってみた時に、
   なんとなく重くなったな〜って感じた
   昇氣の上に載せて、身体に着けての繰り返しです。

 

きさ:癇の虫の量は、人によりけり、状況によりけり。
   一概には言えへんけど、昇氣に載せたら
   30秒〜1分でフルチャージってとこは一緒やで。
   
そのままでも、消化したら復活するけどね。
 

(終)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA