「エネルギー水代」の考え方

97 views


 
つる:
最近発売した「エネルギー水のお札・超結界」で作る
   エネルギー水について、こんな質問がありまして・・・

   >6月末にポンして、そのエネルギーが7月にも継続して残っており、
   >新たに7月にポンをしなかったような場合、
   >これはエネルギーの恩恵に与っていることになるので、
   >7月も支払うという考え方でよろしいでしょうか。

   このお札を使って作った「エネルギー水代のお支払い」は、
   5月の分は5月に、6月の分は6月に・・・の「当月払い」ですよね。

 

きさ:そうやで。
 

つる:「ポンしたエネルギーに対していくら払うか」という
   一般的な買い物の考え方をしてしまう方も
   いらっしゃると思うんですが、
   Ge3の考え・・・”上”に尋ねたのは、違いますよね。

 

きさ:そうやね。エネルギー水を作るために毎月頂いている費用は、
   「エネルギー水の代金」ではなくて、
   「エネルギー水を1ヶ月使う費用」なんよ。
   だから「残っている分があるので、それを来月使えば良い」
   という話は成り立たへんねん。

   学費に例えるとわかりやすいかな?
   学校は、行かない日があっても、費用は発生するやろ?
   何日行ったらいくらで、何日行かなかったら安くなる
   っていうモンとは違うねん。

 

つる:普通の買い物とは、ちょっと考え方が違いますね。
   普通は、りんごを買うと、1個100円、3個で300円ですもんね。

 

きさ:数回ポンをしたのに対する支払いではなくて、
   エネルギーを使わせてもらう支払い。

 

つる:品物に対する費用じゃなくて、
   「使っていいよ」と”上”との約束の費用という意味?

 

きさ:そうそう。”上”のエネルギーを借りてるわけやから、
   エネルギーの恩恵に与っていると思うなら、
   払ったほうがええと思うよ。
   僕は”上”を怒らせんよう、めっちゃ気をつけてるよ。
   怖いモン(苦笑)

 

つる:痛い思いをするくらいなら御の字ってくらい怖いですよね。
 

きさ:わかると思うねんけどな。
 

つる:大体の人は・・・でも、たまにいらっしゃる・・・ 
   別に”上”のことをなめているわけではないけど、
   そう見えてしまう人が・・・

 

きさ:まぁ、なるようになるわな(^_^;)
 

つる:((( T△T)))ブルブルリ
 

きさ:”上”からみると、我々の世界はあまりにも遠くて小さくて、
   人間はアリンコ程度にしか見えへんみたいやねん。

 

つる:うわー!ちっさ!!
 

きさ:そのアリンコに「前の右が痛いから・・・」って相談されても、
   前足の認識すら難しくて途方に暮れてたりするわけ。

 

つる:(苦笑)
 

きさ:その足のすね毛の問題の質問とか、
   さらにすね毛が枝毛になって困ってる話は、
   ”上”には全く「ちんぷんかんぷん」みたい。

 

つる:そりゃわかんないでしょうね〜(苦笑)
   顕微鏡使ってでも大変そう!(^^;)

 

きさ:この手の質問は、それくらいに思われる可能性の高い質問だって
   思ってほしいわけね。

 

つる:その辺は自分で考えろよ、と。
   いつもの「親指の治し方を訊いたら、小指の治し方を訊いてくる」
   っていう話と同じくくりですかね。

 

きさ:「わかるでしょ!」ってやつや。
   その代わりエネルギー系は、支払った分だけちゃんと返ってくるよ。

 

つる:「倍返しじゃ!」ってヤツですか?(笑)
 

きさ:もっとじゃ!!\(^o^)/ドカーン
   それこそ「わかるでしょ!」
   基本、Ge3では、入金の管理は大切だとは考えていないわけで、 
   税務署への資料が必要だから、
   数値を記録して残しているだけですw。
   足りなかったら”上”が対処してくれはるねん。

 

つる:私は”上”の手を煩わせない方向でいきたいデス・・・(^_^;)ウエコワイモン
 

(終)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA