マイナスの澱

1,020 views

きさ:

新しいことがわかった!

つる:

「マイナスの滓(かす)」のメールの件ですか?
このGe3値がずら〜っと並んでる・・・

きさ:

そう。朝の5時からずっと調べてて、もうくたくた。

つる:

だ、大丈夫ですか?!
これだけ調べたらそれはもう、ぶっ倒れててもおかしくないですよ・・・
お、お疲れ様です(^^;)
しかし「マイナスの滓」って?
「カス」・・・酒粕とかのカスなのかな?

きさ:

いや、それは「何かを絞った残り」やんか。
そうじゃなくて、例えば珈琲でいったら、豆からドリップしたのを飲んでると、
飲み終わる頃カップの底にドロっと、ちょっと溜まってるのが見えるやろ?
あれ。あんな感じ。

つる:

というと、「澱(おり)」ですかね。

きさ:

ああ、そっちのほうが正しいかな。

つる:

これは、マイナスエネルギーよりも、マイナス情報よりも、相当小さいモノですよね。

きさ:

そう。
マイナス情報やマイナスエネルギーを取っても、残ってしまうモノやね。
澱を濾すには、珈琲フィルターでは無理やろ?

つる:

無理ですね。

きさ:

大きいモンが取れるからこそ、
小さいモンに目が行くようになってきたんやと思うね。
「胡散臭く感じる」とか、「比べてみるとなんだか違和感が」とか、
「この人はなんでこうなのかなー」とか、
そういうのは何でやろ?っていろいろ調べてて、
やっと「マイナスの澱がある」ってことがわかった。

つる:

マイナス対策してるのに、そういうふうに感じる対象には、溜まってる・・・

きさ:

うん。ちなみに、うちのスタッフの溜まり具合はこんな感じ。

【マイナスの澱の溜まり具合】

0p きさ
0p allure
4p あき
23p りこ
96p つる

 つる:

ぎゃーーー!私、めっちゃ多すぎやしませんか・・・
う、胡散臭く感じられてるんですか・・・(^^;)

きさ:

(苦笑)
今調べてる中で、最高の人は122pやね。
ま、つるちゃんも多いけど(爆笑)

つる:

というか、きささん少なすぎやしませんか?!
0って!!

きさ:

僕は取ってるもん。

つる:

取らないと、溜まりっぱなし?

きさ:

そうやろうね。
滅多におらんけど、食べちゃう人もおるよ。

つる:

食べる?!
モグモグごっくん、ですか?
自浄作用みたいな?

きさ:

そう。

つる:

いいですねぇ〜、それ。

きさ:

それは生まれつきの才能やね。
僕にはない。

つる:

ほぇ〜、なるほど。
私が多いのは、こねくりが多いからですかね?
こねくりが直ったら、それも減りますか?

きさ:

減るよ。

つる:

おお!

「『胡散臭い』感覚」に続く) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA