アンカーが大事

706 views

「本人が望まないのならやめたほうがいい」の続き)

きさ:

高いエネルギーを扱う製品ほど、自分にアンカーを置かないとアカン。

つる:

武兎は高いエネルギーですよね。
そうしたら、超結界超結界機器用も・・・

きさ:

超結界シリーズは全部そう。
貸し出ししてないやろ?
そういうのを避けてるねん。

つる:

してないですね。
エンジェルファーは?

きさ:

エンジェルファーくらいなら、せいぜいひっくり返るくらいで済むけど(苦笑)
変な世界にアンカーつけたまま開いてしまったら、えらいことやで。
何が出てくるかわからない。
自分でお金を出すっていうのは、自分にしっかりアンカーを置くっていうことやねん。

それと、自分にアンカーを置いたまま違う人に渡したとしたら、
そこからブワーーー!って開くこともあるかもね。
それを「怖い」って言ってるんだけど・・・

「お金を出した人」と「欲しい人・使う人」っていうアンカーが2つあってこそ、
ウィンドウは開くわけよ。
「お金を出した人」と「欲しい人・使う人」が同じなら、問題ないよね。
ウィンドウは正しく開く。

それから、お父ちゃんが子どもに買ってあげた場合でも、
「お金を出した人=お父ちゃん」と「使う人=子ども」が同じ次元・・・
平面上にあると思う。
それでもウィンドウは正しく開く。

でも、子どもが「そんなモンいるかいな」って言ってるのに、
それを持ってたとしたら、お父ちゃんの次元と子どもの次元が違ってしまうやん。
平面上じゃなくて、こう、斜めになる。
そうすると、ここのとこに隙ができるやろ?
同一次元にないから。

つる:

隙・・・風穴・・・ができますね。

きさ:

真正面から見たらちゃんとウィンドウが開いてるようでも、
横から見たら斜めになってるから、いろんな次元を跨いじゃってる。
そうしたら、どこから何が来るか、僕にはわからない。

つる:

それこそ油断ですよね。隙?

きさ:

心の隙やな。

きさ:

Oリングするときも、フウチするときも、アンカーが大事っていうのは一緒やねん。
・誰に繋いでるのか?
・何を訊いているのか?
・yes/noがはっきりしているか・・・

つる:

Ge3が調べてることが、他と何が違うって、それらがとても明確ってことですよね。

きさ:

うん。そういうアンカーを置くことで、質問と結果の次元を一致させてると思う。
それがあやふやなまま、何かの要素が欠けてたまま質問しても、
どこにアンカーをした答えが来てるのか分からない。
そんなのは僕は怖い。

つる:

そんなの「こっくりさん」みたいなモンですよね。
「その情報をくれるのは誰?!」って。

きさ:

うん。同じ意味で、
「何が入ってるかわからないパワーグッズを持っている」っていうのも怖い。
超怖いね。

つる:

(ブルリ)

きさ:

霊能者の人が足りないのはそれやと思う。

つる:

アンカーが?

きさ:

うん。自分っていうアンカーはあるけど、誰にものを訊いてるの?っていう。

つる:

私達には、見えない聞こえないけど、
霊能者の人達は、見えたり聞こえたりする相手ですか?

きさ:

うん。
ものを訊いてるその相手が誰かってことが、ハッキリしてないのと違うか?って。

つる:

見えると「ああ、この人は●●だ」って思いこんじゃいそうですね。

きさ:

見えたり聞こえたりすると騙されやすいね。

「騙されているかどうかわかる?」に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA