桃を逃すな!:1

425 views

りこ:

Ge3って、前からよく「『桃』は取らないとアカン!」って言ってますが、
最近特にそれを思い出すんですよね。
桃って、初期のセミナーで話していたことは、
自分のストーリーの中で、自分で決めて流してるモノで、
アタシの場合はマスタングとか、そんな感じだったでしょ?

きさ:

そう。

りこ:

ボクスターもそうですよね?
拾ってラッキー!ってなって、何かいい方向にいくモノのこと・・・

きさ:

役に立つモノとして、自分が自分のために用意したモノやな。
それが物であるかは全然わからないけどな。

りこ:

ああ、人だったりとか。

きさ:

宝くじだったりな。
わからないけど、用意してある。
で、「だいたい今年はいくつ桃が来るのかな?」って言ったら、「8個」とか出てくる。

りこ:

うん、数えてたときもあった。

きさ:

で、毎月1個出てくるわけじゃなくて、今年4個しかなかったら、
それが何ヶ月か経ってポンと出てきたり、1ヶ月のうちにババーッと出てきたりする。
どこに来るかも全然わからない。
お寺の大きな屋根みたいなところに、ボールを投げて取り合いするゲームがあるやんか。
あのように、どこから落ちてくるかわからない。
落ちてくるのはわかってるけど。
だから、よく取りこぼしがあるんやな。
まあ、取れたらラッキーやな、と。
で、「ラッキーなところに自分がいたほうがいいよね」っていう意味も含めて、
『桃』っていう言い方をしてるんだけどね。
だから、取ったほうがいいよ。

りこ:

でも、来るときってわかりますよね。

きさ:

桃が?

りこ:

うん。来るときっていうか、「あ、これ取っておかないと!」みたいな。
エネルギーが高いとわかるんですかね?

きさ:

エネルギーが高い人だったらわかるって意味?

りこ:

うん。

きさ:

いや、それはわからん。感度やろうな。
そろそろ落ちてくるっていう感じがあるのと違う?

りこ:

今思うと、過去に何個か取りそびれてるのがわかる。
「あれはそうだった」ってのが。

きさ:

りこちゃん、今年は取り損ねてないよ。
もう3つ取ってる。あと1つあるよ。

りこ:

3つ?!1個は人間?(苦笑)

きさ:

何かは知らん。

りこ:

じゃあ自覚がないまま取ってますね。

きさ:

うん。今年は4つあって、あと1つ残ってる。

りこ:

この時期にまだ?(笑)

きさ:

まだある。

りこ:

取ろ(笑)

きさ:

で、感度が鈍いヤツは、桃を常に流してるな。

りこ:

その感度っていうのは、例えば、
「いやいや、これありえないやん!」とか、一般常識みたいな・・・

きさ:

50歳になってるのに30歳の男を捕まえるっていうことがありえないやないか!
っていうこと?

りこ:

そういうのに囚われてると逃してしまうというのが、
感度が鈍いっていうことなのかと・・・

きさ:

まあ、感度が鈍いって中に、そういうのも含まれているとは思うな。

りこ:

ほら、友達と喋ってても、往々にして、例えば、
「アタシもう何歳やから」とか「いや、アタシ主婦やから」とか
「子どもがおるから」とかっていう、その括りにすごい縛られて、
自らその可能性を自分で狭めてるみたいな人が多いな、とは気づくんですけど。

きさ:

それがその人が楽やからそうしてるんやろうな。
でも、その楽な態勢であったら、たぶん桃を逃がすやろうな。

りこ:

ああ~、結構桃はチャレンジャーな・・・(笑)

きさ:

チャレンジャーやから桃があるっていう判断なのと違うかな。

りこ:

あぁぁ~。・・・何そこ笑ってるのっ!(笑)

あき:

(笑)

きさ:

囚われてるっていうのは、カクカクとしか曲がらないイソギンチャクみたいな感じ。
イソギンチャクを凍らせて、ヒゲを曲げたら、ポキッて折れそうやんか。
柔軟やからイソギンチャクやのに、なんかカクカクしてる。

りこ:

イソギンチャクって(笑)

あき:

でも、ほとんどそんなタイプの人じゃないですか?

りこ:

8割ぐらいかな?

きさ:

8割そう。

あき:

ほとんど変化を嫌う人たちじゃないですか。

きさ:

紙兎○○みたいな動きしかしないよ。
こうしてカクカク動くしかない(笑)

あき:

あとの2割は、「変化が嫌だな」って思いながら「仕方ないか」って思っていく人と、
ノリノリでいく人と(笑)
でも、ノリノリでいく人は、桃がないんですよね。

きさ:

頭が最初から桃やねんな。

りこ:

めでたい!みたいな(笑)
常に「祭り!」っていう。

きさ:

いや、そのほうが楽でいいやん。おもしろいし。

りこ:

いや、楽じゃないですよ。
険しい道のりですけど(笑)
前にも後ろにも道はないっていう・・・

きさ:

だからおもしろいやん。
直径50メーターのオーバルトラックを一生懸命スピード競争してるか、
山道走ってるかのどっちがおもしろいって話があるやん?
ブーーーンってトラック走ってるほうが安心な人もおるし、
山道を走るほうがおもしろいって人もおるし。
その代わり、バーッと行ってボンッと落ちるかもしれないけどな(笑)
だからなんやろうと思うけどな。

あき:

どっちにしても走ってるのよね。

きさ:

そう。

「桃を逃すな!:2」に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA