エネルギーってどんなもの?

560 views

allure:

何か最近ずーっと調子悪いねん。なんでやろ?

つる:

ここのとこずーーーっとですよねぇ。

allure:

うん。去年の暮れくらいから・・・

つる:

だ、だいじょうぶですか?なんでですかねぇ・・・

きさ:

え?そんなの分かるやろ?

allure、つる:

???

きさ:

地のエネルギーが騒いでるからやん。

allure:

・・・あ!

つる:

・・・ああ〜〜!!!

きさ:

おいおい!何年やっとるねん!!(苦笑)

allure:

だってそんなの、疲れが出たのかなぁとか、
誰かさんの看病疲れかなぁとか、花粉症もあるし〜とか、
目くらましされることいっぱいあったもん!

きさ:

・・・・・・。(黙)

つる:

あ〜、大変でしたもんねぇ・・・。

きさ:

暮れくらいから暴れてるからね。

allure:

長引くのかなぁ?

きさ:

うん、長そうやね。

つる:

そもそも「地のエネルギー」ってなんですか?
地面から出てくるエネルギーってことですか?

きさ:

うん。
そもそもエネルギーってものを考えてみるとね、全部が地球のエネルギ
ーやねん。
ひいては、太陽のエネルギーやねん。
太陽がないと、地球って今みたいじゃなくなるよね。
太陽系の惑星は全部そう。
全部、太陽のエネルギーやねん。

太陽のエネルギーで動いてる地球があって、その上で僕ら人間が生きてる。
地球のエネルギー、そもそもは太陽のエネルギーの一部をピックアップして、
小さいサイズで、扱えるエネルギーだけを使って生きてる。

それで、エネルギーってたくさんあって、
我々が知ってたり扱えたりするエネルギー以外にも、
知らないエネル
ギーがいっぱいあるみたい。
それら全部のエネルギーには、小型動物用、人間用、大型動物用、惑星用みたいに、
様々な生命体に合うというか、フォーカスしたものがあるのね。

それで、僕がしたいのは、エネルギーというもの全部の「質」の話かなぁ。

つる:

ほほ〜。

きさ:

エネルギーってね、エネルギーとしても存在するし、
同時に情報の媒体としても存在するんよ。
例えばね、僕らが今こうやって会話してるやん。
それで、意味通じるやん。
それって、音に「話し言葉」っていう情報が乗ってるわけやね。
音に言葉の意味(情報)が乗るように、エネルギーも意味(情報)が乗る。
そんなふうにエネルギーを媒体にして情報が乗ってくる。

つる:

私達がインターネットや携帯でやりとりできるのも、そういうことですよね。

きさ:

そう。
だから、エネルギーと情報って、切り離して考えるモノじゃないと思ってるねん。

つる:

ガソリンとか電気とかって、
「エネルギーに変換されるためのエネルギー」という視点でしか扱われてないけど、
情報も乗ってる。

きさ:

うん。
もしかしたら、いや、どちらかと言うと、情報としての比重が高いかもしれないね。

「敏感な人は2割」に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA