木を切って土地の神様に怒られた話

972 views

きさ:

このあいだ、こんな相談があって、こういう返事をしたんやけど・・・

Q:

先日とても怖い目にあいました。
**県**市というところで、
原生林を伐採して***を作る作業に加わっていた時のことです。

敷地の端に残っていた橡の大木を伐採しようとしていたら、
操っていたチェンソーが突然刃が外れて、修理不能な状態になりました。
その後業者さんに頼んで伐採してもらったら、
同僚が倒れてきた木の下敷きになってしまいました。
幸い、打撲程度で済みましたが、ほんと怖かったです。

チェンソーが壊れた後、武兎が寝てしまい、くしゃみが止まらなくなりました。
何度叩いてもすぐに寝てしまう状態に。
結局その夜東京に着くまで、武兎が覚醒しきるということはありませんでした。

木を切るときに、心の中で「ホント不遜なことをしてすみません」と
謝ってチェンソーを使ったのですが、小さい切込みを入れるのが精一杯。
どうも、その土地にいる、目には見えない方々に
我々はひどく怒られているなと感じていたんですが、
具体的に行動に出られてしまったかな、と。

私が感じたことは正しいのでしょうか?
そして武兎、大丈夫なんでしょうか?
すみませんが教えてください。

A:

武兎は貴方を守るために力を使い果たしたみたいです。
新しい武兎を送りますので、その武兎は燃やして下さい。
かなり強烈に怒られていますよ。(爆)
作業をする前の手順があるのでしょうね。
森林組合の人は知らなかったのかな?
その地域の神社の神主に頼むと良いみたいです。
ボンクラな神主でも”必要な何か”を出来るみたいです。
力というよりも道具を持っているのでしょう。

きさ:

前に言ってたやろ?
林野庁の話。あれのことやで。

つる:

おっしゃってましたね。
「林野庁の山中の出張所には神棚があるらしい。
”そういうの”も予算としてちゃんと認められてるんやで」って。

きさ:

担当者レベルで「めちゃくちゃ危ないってことがわかってる」ってことなのと違う?

つる:

人が怪我したり・・・死んだり・・・?

きさ:

うん。

つる:

大事なことは、大事。
わかる人は、わかってる。

きさ:

そう。

つる:

わからない人は、痛い目みないとわからないんでしょうね・・・。

きさ:

知ってる人は、ちゃんと手順を踏んで、やることやってるよ。
子どもがバッタを捕まえてすることは何?
頭は取らないけど、足は取るでしょう? Σ(゚∀゚ノ)ノキャー 

つる:

(((;゚△゚)))

(終)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA