実験!お風呂にポン☆:2

410 views

「実験!お風呂にポン☆:1」の続き)

<その日の夕方>

きさ:

つるちゃん、ハイ、これ。

つる:

これは・・・?

きさ:

お風呂用のお水のお札。

つる:

えっ!作ってくださったんですか?!
うわぁ〜〜〜!!ありがとうございます〜♪(小躍り)
飲む用のお水のお札とは違うんですね。
お風呂用だからですか?

きさ:

うん。お風呂担当の”上”の人を探して、頼んで作らせてもらった。

つる:

ほわぁ〜〜〜〜!!あっ、ありがとうございます!!!m(_ _)m
飲む用とお風呂用が違うのは、外用薬は内服薬みたいに、
食べられなくても充分効果があるみたいなものですかねぇ?

きさ:

目的が違うからね。
これからみんなの手に入りやすい形にするつもり。

つる:

でも、Ge3が製品化する時、
いつも手に入りやすくしてもらえるのは、本当に助かります。
何かを手に入れる時に、支払うべきモノを支払うのは当然ですが、
やはり手に入れにくい価格になると・・・

きさ:

質が物凄く良くても、手に入れるのに現実的な価格じゃなかったら、結局使えないやん。
僕らが使えなかったら意味ないもん。
だから、なんとか使えるくらいにならないかって、いつも頭捻りまくってるねん(苦笑)

つる:

いつも物凄く頑張って下さってますよね。
超結界然り、武兎然り、超結界機器用然り、匠人然り・・・

きさ:

いつもギリギリのトコまで頑張ってるねん。
大変やねんで(苦笑)

つる:

きささんは奥ゆかしいから・・・(苦笑)

きさ:

オクユカシ・・・ぶはは(爆笑)

つる:

だって、大変なことなのにサラッと・・・
それなのに大概黙っていらっしゃるから・・・(苦笑)
ほんまにおおきに、おおきにです。m(_ _)m
めっちゃ恩恵に預かっています(笑)

きさ:

因みに、お水のお札はお風呂に使えるけど、
お風呂のお札は飲む用のお水のポンに使えないよ。

つる:

(頷)
これがあれば、家で高Ge3値の温泉に入れるようなモンですね〜
うふふ(*´艸`)
いやぁ、めっちゃ楽しみ!

きさ:

エネルギー水のお風呂のGe3値を比べると・・・

124.4 湯布院 温泉
124.4 阿蘇 温泉
124.6 青森十和田湖周辺 温泉
124.8 北海道(の中でよいところ)温泉
124.8 箱根 温泉
124.8 有馬 温泉
127.9 水道水にポンしたお風呂

 きさ:

あ、このご時世、温泉行くんやったら、武兎を持ってること前提やで。

つる:

武兎を持ってないと、マイナスの泉に入るようなモンですからね。
有馬、箱根、湯布院・・・温泉で有名なところはランクインしてますねぇ。
やっぱりみんな分かってるんですね。

きさ:

そうやろうね。

つる:

では、早速このお札でエネルギー風呂に入らせていただきます!
おおきに!!(*´艸`)

<お風呂にポンして入ってみた感想 byつる>
blog:お風呂でポン!
blog:お風呂でポン!その後

きさ:

お風呂のお札、使ってみた?どうだった?

つる:

きささん!あれ、めっちゃ気持ち良かったです!!
フニュ〜っていうよりは、私的にはなんか、シャキーン☆って感じです。
温泉に入った後みたいにいつまでもホカホカなのに、何故か清々しいの!
背中とか後ろがスカーンってしてて、すっごい身体が軽い!
ずっと着てた重い服を脱いだみたい。
あと、肌がすべすべ!
なんじゃこりゃ?!?!って今までに味わったことがない感じです。
これは言語化するの難しい!(苦笑)

きさ:

そうやろ〜?(笑)

つる:

言語化するの難しいくせに、情報量は膨大な感じなんですよ!
でも、それなのに重くない。
情報量が多いときは、大概「う〜ん・・・」って、
キャパオーバーな感じがするのに、
北海道とかモンゴルの大草原くらいのスコーン!って広々とした楽さがあるんです。
何にもなくて清々しいのに、何かある感じです。
それがエネルギーなのかな?

ポンしたお風呂の水が青かったですよ。
雷智3・弐を水道管とガス管に設置してマイナスを省いて、
をお風呂に入れた時も青くなったのに驚きましたが、それよりもっと青いです。

それで、水を透過する光が、妙にきらきらしているというか。
エネルギーをポンする前は、風呂桶の底に射す光がまろやかなのに、
エネルギーをポンした後は、風呂桶の底に射す光がきらきら・・・
お湯がゆらゆら動いてると、とてもよくわかります。
コレどっかで見た光だな、どこかの滝とかで見たような気もするし、
もっと身近で見たことがあるような・・・と思っていたら、
毎日エネルギー水をコップに注ぐ時見てました!
この「透」のキラキラ!

言葉って不思議ですね。
透き通って明るい色なので「透明」。
まさにそのものを指してる。
水の美しさって、ハッキリこう、言えそうで言えないのがもどかしいんですが、
ものすごく透明で、透過する光が違う感じですね。
水を射る光が違う感じがします。

きさ:

エネルギーが高い水はそうなるねん。
ものすごーく深いのに、青くて底がすぐ近くに見える河とか。

つる:

まさに青い水の氵で「清々しい」ですね。
いやぁ〜、気持ちよかったです。
また入りたいです!あのお風呂!!

きさ:

フニュ〜、ええやろ?

つる:

(頷)(頷)(頷)(*´艸`)

(終)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA