引っ越しは聞いておいで!:1

183 views

きさ:

どこに引っ越しするにも、引っ越し先には注意しなさいという話。
引っ越し先がよくない場所でもどうにかなると思ってる人が多いみたいだけど、
根本的にアカンところはアカンよ。
何か事情があったとしても、そんなの”上”には「知ったこっちゃない。」だよ。
たとえば「鉄橋の上に家を建てる」に近いワケ。
「うるさい!」って怒鳴っても静かになると思う?

なゆ:

無理ですね(苦笑)

きさ:

危ないもんは危ないよ。
台風や洪水には耐えられるかも知れないけど、
うるさいし危ないし、買い物にも行けない。
そういうところがいっぱいあるよ。
だから、部屋の間取りとかばっかり気にして選んだらアカンわけ。

なゆ:

家の周りの建物とかもちゃんと見なきゃですよね。
私ならお墓や鉄塔の近くは嫌ですし。

きさ:

意外にお寺の近くはエネルギーが低い可能性が高いよ。
神社は卑弥呼以前からあったから、気の流れとか山の流れがいいところに建ってる。
先に神社が建ってから、政府の役所が建っていったわけ。
その後、聖徳太子の頃に仏教が渡ってきて、余ったところにお寺が建った。
余ったところっていうのは、土地のエネルギーが低いところということやね。
そんな感じであんまり気がよくない。
だから、お寺があるところはいいと思わない方がいいよ。

周りに何があるかは、Googleマップで見たってわかるでしょ。
変なところに引っ越してしまったら、
はっきり言って、もう1回引っ越しするしか方法がない。
賃貸の土地だったら、失敗してもまた選べるっていうのが最大のメリットやけど、
多くの人は、なぜかそのメリットを使わないね。

なゆ:

変なところに居続けたら、やっぱり体調が悪くなったりしますか?

きさ:

うん。

なゆ:

自分で「この土地はいいか?悪いか?」みたいな感じでフウチすれば、
ある程度はわかるもんですか?

きさ:

わかると思うな。
敏感な人だったら、その土地に行けばもうわかるよ。
「なんかヤバそう」って。

間取りとか日当たりとか、玄関がどれだけ綺麗かとか、セキュリティはどうかとか、
そういうことしか気にしない人って多い。
だから、不動産屋さんもそんなことしか書いてないよね。
マイナスの情報なんか絶対書けないしな。

第一のポイントは、
「不安なら、引っ越す前に僕に聞いてこい!」ってことやね。
それから「引っ越しするなら周りも見てこいよ」って話。
もし引っ越し先が変なところで、もう1回引っ越ししないとアカンとなったら、
引っ越しするしかないよ。

なゆ:

買ったんじゃなくて借りたんだったら、
ちょっと大変でもまた引っ越しできますからね。

きさ:

1、2ヶ月くらい損する可能性はあるけどね。
それでも引っ越した方が僕はいいと思うけどね。
引っ越した方がずっと楽になるよ。

何度も話してると思うけど、
「そこは危ないよ」って言ってて死んだ人がGe3の周りでたくさんいる。
自分でもフウチ振って「あれ?死ぬわ」って言ってたヤツも、ホンマに死んじゃった。
みんなはそれをどう理解してるんやろうね?
「別にかまわない」とでも思ってるのかな?

なゆ:

なんだかんだ言ってもあんまり深く考えていないというか、
重く受け止めてなさそうな感じがしますけど。

きさ:

なんかそんな気がするね(笑)

なゆ:

心配しつつも、実はそんなに考えてないみたいな(笑)
心配したり、いろいろ思うところはあっても、
心のどこかで「自分は大丈夫」みたいな思い込みがあるのかな?
っていう感じがしますけどね。

きさ:

明治神宮に行ったりして、体験会を開いたよね。
それで、日が当たってないのにやたら暑い場所とか、やたら涼しい場所があったでしょ。
それが「”上”がいるかいないかの違いなんだ」って説明したけど、
そんな情報も現実の世界とリンクしてないのかな?
「なんか涼しくなったけど、風が吹いただけやろ」と思ってるのかな?
辛口で言わないと、染み込まないのかな?

なゆ:

うーん・・・辛口で言わないと伝わらないのかも・・・

(「引っ越しは聞いておいで!:2」に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA